【格安SIM(MVNO)】固定費見直しはまずここから!BIGLOBEモバイルをおすすめする4つの理由!

ごきげんよう。たこまんじゅう (@tako_waytofire) です。

「生活費<不労所得」

これがFIREに至る大原則です。株式投資により不労所得を増やすのは当然のことながら、生活費を下げる努力をするべきです。

生活費を下げるにはまず固定費から見直しましょう。中でもすぐ行動できて大きく下げられる費目は通信費だと思います。

現在3大キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)で次々1万円近くお支払いの方、最近は格安SIMも悪くありませんよ!

今回は格安SIMの中で1年以上契約しているBIGLOBEモバイルの魅力を述べたいと思います!



スポンサーリンク

BIGLOBEモバイルとは

BIGLOBEモバイルをはじめとする格安SIM事業者はMVNO(Mobile Virtual Network Operator)と呼ばれます。ドコモなど大手通信会社の回線を間借りして、通信速度が高速でない代わりに格安でモバイル通信を提供できるという仕組みです。

BIGLOBEモバイルは大手プロバイダとして25年以上のキャリアをもつビッグローブ株式会社が運営しており、「エンタメフリー」という動画配信、音楽、電子書籍などのエンタメ系コンテンツを見放題にできるオプションを持つが大きな特徴です。

私は月々6GB程度の通信量を必要としていますが、6GBプランの価格帯としては他社と比較しても安くてグッドです。

1年以上契約継続してみての使用感を基に、これから格安SIMを検討されている方に向けてメリデメを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

メリット

価格

一般的に見て、月々の通信量は3〜6GBぐらいに収まる人が多いと思います。そのためこの辺の通信量プランが各社からたくさん出ています。

私は月々6GB程度の通信量を求めていましたので、CMなどで知名度のある各社を並べて比較してみました。(データ通信のみプランは通話ができないため、音声通話付きプランで調べています

【税別表示】2GB3GB5GB6GB9GB備考
BIGLOBEモバイル16002150ドコモ・AU回線から選択(同料金)
ワイモバイル1980*2980**新規~6か月まで
UQモバイル19802980
楽天モバイル2980*3980**楽天会員割引あり
LINEモバイル14802200
マイネオ1510~2190~*ドコモ・AU・SB回線で価格変動

各社いろんなルールによって価格設定されているため、プランの説明はよく読まないといけません。とりわけBIGLOBEモバイルは価格設定がわかりやすく6GBプランの中では非常に安いです。

私が契約を決めた2018年時点では6GBプランで最安でしたが、年々新しいキャリアが参入してくるため、より安いプランが出てくる可能性もあります。しかしながら、通信事業を生業とする会社が提供するプランであり、後ほど説明する回線速度がある程度早いという安定感はなかなか捨てがたいと思います。

エンタメフリー

BIGLOBEモバイルの最大の特徴であるオプションサービスです。3GB以上の音声通話付プランを契約していれば月額480円(税別)で利用可能です。

以下の対象コンテンツにおいてはデータ消費なしで使い放題になります。※アップロードなど特定の動作は対象外。

YouTube
AbemaTV
U-NEXT
YouTube Kids
Google Play Music
YouTube Music
Apple Music
Spotify
AWA
Amazon Music
LINE MUSIC
radiko
らじる★らじる
dヒッツ
RecMusic
楽天ミュージック
dマガジン
dブック
楽天マガジン
楽天Kobo
Facebook Messenger

上記コンテンツをよく利用される方は要チェックのオプションです!

例えば、3GBプラン+エンタメフリーにすると普通に6GBプランで契約するよりお得になります。

回線速度

格安SIMの回線速度は基本的に3大キャリアには勝てません。ただし、日々の生活のなかでそれほど速度を求める瞬間は個人的にはあまりないかなと思います。

※逆に言えば、速度を優先している方にとって格安SIMはそもそも不適になりますのでご注意下さい!

一般的なユーザーにとって必要な速度をイメージしやすくするために、スマホでよく利用されるものを代表例に示します。

メール・LINE128kbps~1Mbps
Webサイト閲覧1Mbps~3Mbps
YouTube視聴2.5~5Mbps

そしてBIGLOBEモバイルの1日間の速度推移は以下の通りです。

通信が集中する昼(12:00〜13:00)以外、基本的に4〜5Mbps程度は出るため一般的なユーザーにとっては問題ない速度であることがわかるかと思います!

契約変更の容易さ

他のメリットに比べると小さいですが、BIGLOBEモバイルは専用アプリから利用料金、契約確認・変更などが可能です。例えば、来月はあまりスマホを使わないから6→3GBに変えたいという場合も以下の通り、簡単に契約変更できます。

変更したいプランの選択
内容確認〜変更確定

この辺は他の格安SIMでも同じかもしれませんが、ドコモから乗り換えた私としては手続きの簡単さに驚きました…!

スポンサーリンク

デメリット

回線速度

上記にも述べた通り、12:00〜13:00の速度が著しく遅くなります。WEBページひとつ開くのに体感10秒以上かかるので、正直この時間は使い物になりませんww

使用感としては11:45ぐらいから徐々に遅くなり、13:15ぐらいには元の数Mbpsに戻るようなイメージです。

ただしこのデメリットはBIGLOBEモバイルだけではありません。格安SIMは往々にして利用者の増えるタイミングで低速化してしまうサガが持っています。

安いのにはワケがあるという由縁はここであることをご理解いただく必要があります。。

BIGLOBEモバイルの低速化タイミングはこのようであるというご紹介でした。

ポイント還元が弱い

利用料金に充てられるGポイントが付くのですが、1年以上継続利用しても大して貯まりません。貯め方があるのかもしれませんが普通に使っている限りでは貯まらない印象です。

例えば楽天モバイルですと楽天スーパーポイントを利用料金に充てられるなどポイント面が強いのですが、BIGLOBEモバイルはここが弱いところです。

ただし、基本料金がそもそも安いのでそこは目をつぶるしかありません。

スポンサーリンク

アドバイス

BIGLOBEでんわ10分かけ放題という月額830円(税別)のオプションがありますが、これは付けるべきかよく検討しましょう。

付けない場合も、30秒9円(税別)で音声通話は可能です(音声通話付きプランで契約必須)。つまり、ひと月あたりの通話時間が約45分以下ならば付けるべきではありません。

ドコモ乗り換えの私は何となく不安で、最初このオプションを契約していましたが、携帯番号で全く通話していないことに気づきすぐにやめましたww

もしまた必要になっても上記の専用アプリから容易に契約変更可能なので、安心です!

ちなみにエンタメフリーとBIGLOBEでんわかけ放題以外のオプションは個人的に検討不要だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

格安SIM自体のメリデメも含めて、BIGLOBEモバイルの使用感をお伝えいたしました。BIGLOBEモバイルは以下のような方に特におすすめです!

  • 月々の通信量が6GBぐらいの人
  • エンタメ系コンテンツをよく使う人

BIGLOBEでんわかけ放題オプションは利用するかどうかよく検討しましょう。

現在は以下のような新規契約特典があるようです。BIGLOBEモバイルは頻繁にキャンペーンをやっているので、お得なタイミングを狙って乗り換えましょう!



この記事が皆さんの固定費見直しの一助となれば幸いです。

今回は以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント