【リノベごはん】余った肉じゃがの有効活用!秘伝の「肉じゃがカレー」!

スポンサーリンク

「リノベごはん」とは

ごきげんよう。自炊の達人たこまんじゅう (@tako_waytofire) です。

学生生活6年間、一人暮らしで培った自炊力はそんじょそこらの同世代には負けない自負があります。何ならサラリーマンなんか辞めてご飯屋さんをやりたいぐらいです!シャレオツなのは専門外で、家庭料理と呼ばれるあたりが得意領域です。やるなら定食屋か居酒屋がいいですね。

冗談はさておき、そんな私はタイトルにある「リノベごはん」という言葉を提唱します。

リノベーション(リノベ)とは、住宅業界でよく言われる「作り変えてより良いものにする」的な言葉です。これを日常の自炊に応用します。作った料理をさらにアレンジして、もっとおいしく食べよう!という活動およびそれによる料理を「リノベごはん」と定義します。

作り置いた料理、作りすぎて飽きてきた料理などを最後までおいしく食べきりたいという思いからこの「リノベごはん」活動を日ごろからやっております。その中で人様に紹介できる自信作のメニューをこのブログで紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

秘伝の肉じゃがカレー!

※料理の細かい手順については専門のサイトさんには到底敵わないのでそちらをご参照ください。。この記事ではあくまで、〇を△にするとおいしい という料理方針を示すものとしてご覧ください><

肉じゃがが大好物でして、頻度も量もよく作ります。そしてだんだんと飽きてきます・・笑

飽きた気持ちで残りの肉じゃがを乗り気じゃないまま食べるのは肉じゃがにとっても失礼ですし、せっかくのごはんだからおいしく食べたいですよね。そういうときこそ「リノベごはん」の発想を使いましょう!

肉じゃがの具材は肉、じゃがいも、玉ねぎ、にんじんをベースとしていくつかのお好みが追加されているのが一般的なスタイルだと思います。これら具材が活かされる味変は何だろう、その結論の一つがカレーというわけです。

カレーは味が強い料理なので肉じゃがによっぽど癖のある具材を入れていない限り、カレーの治める世界になじむという寸法です。実際に作ってみました!こんな感じの出来です↓

これはまちがいなくうまい!!元は肉じゃがだったので和風のテイストが効いており、普通に作った時にはならない風味のカレーになりました!そば・うどん屋さんのカレーが出汁が効いておいしいのと同じ理論です。

今回は肉じゃがでやってみましたが他にもすき焼きや和風の煮物系の料理をカレーにしてみるのはいいリノベごはんになりそうだなと思います!

ちなみに私の好みのカレーは「ジャワカレー(辛口)」か「ゴールデンカレー(辛口)」です。 辛いものに目がありませんw これらは市販の中ではかなり辛めの味なのでパンチが効いて非常に好きです。

興味を持ってくださった方はぜひやってみてください!

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント