【アプリで簡単】初心者におすすめの家計簿のつけ方【マネーフォワードが最強です】

家計簿を始めたい人
家計簿を始めたい人

生活費の節約のために家計簿を始めてみたいです。

初心者にもできるかな?

挫折したことがある人
挫折したことがある人

家計簿って費目の入力が面倒結局やめちゃったんだよなぁ。

もっと楽にできたら続けられたんだけど…(TT)

家計簿に関してこんなお悩みを持っている人、けっこう多いと思います。

そんな皆さんに朗報です。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

マネーフォワードMEを使えば、家計簿が自動的に出来上がります。

非常に使いやすいアプリなので超おすすめです!

家計簿をこれから始めたい人挫折したことがある人も、これならきっと続くはず!

無料でできるのでぜひお試しあれ!

本記事でわかること
  • マネーフォワードMEで家計簿を自動作成しよう
  • マネーフォワードMEがおすすめな理由
  • マネーフォワードMEでやるべき3つの設定
  • 【続かない人もこれならできる】家計簿を続けるコツ

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

マネーフォワードMEで家計簿を自動作成しよう

まずは家計簿を自動作成するイメージを皆さんと共有しておきましょう。

これから目指すのはこういう状態です。

家計簿を自動化するイメージ

左端にあるのが家計簿アプリ。

このアプリに銀行口座・カード・キャッシュレス決済を連携することで、これらの収支がすべて自動的に記録されていきます。

今回は、家計簿アプリのトップシェアを誇るマネーフォワードMEで、家計簿の自動作成をやっていきます。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

マネーフォワードMEがおすすめな理由

マネーフォワードMEをおすすめする理由は大きくこの3つです。

  • シンプルで使いやすい
  • 無料でも十分な機能
  • 安心・安全の高セキュリティ

それぞれみていきましょう。

シンプルで使いやすい

マネーフォワードMEの魅力は、シンプルで使いやすいことです。

月の収支は円グラフで一目瞭然、連携口座情報もダッシュボード形式でパッと見やすいのが特徴です。

画像引用:家計簿アプリ「マネーフォワード ME」の使い方【初級編】より

また、費目をたどっていくことで、いつどんな用途で収支が行われたかを詳細に見ていくこともできます。

画像引用:家計簿アプリ「マネーフォワード ME」の使い方【初級編】より

費目名もカードの支払情報から自動で分類してくれるので、手を煩わせることがありません。

※完全ではないため一部は未分類になる場合もあります

手動入力もわかりやすい入力画面で数秒で完了しますし、レシート入力もできて楽チンです!

無料でも十分な機能

マネーフォワードMEには無料版と有料版があります。

インストール直後は無料版になっていますが、アップグレード(月額500円)することで有料版の機能が使えるようになります。

無料版・有料版の比較

いろんな機能に差はありますが、もっとも重要な機能はこの2つです。

  • 連携可能数(無料版は10件)
  • データ閲覧期間(無料版は1年分)

連携可能数とは、マネーフォワードMEに紐づけられる口座数。個人なら無料版の10件で十分です。

データ閲覧期間とは、月次でまとまった収支グラフの閲覧期間で、無料版は1年分まで遡ってチェック可能です。

結論、普通に使う分には無料版でまったく問題ありません。

使っていく中で欲しい機能があればアップグレードを検討してみてください。

安心・安全の高セキュリティ

お金事情をアプリで管理するなんてちょっと怖い…

たこまんじゅう
たこまんじゅう

マネーフォワードMEが人気の理由はセキュリティの高さです。

初めて家計簿アプリを使う人でも安心して利用できますよ!

登録したメールアドレスや金融機関とのログイン情報は、すべて暗号化され、厳重に保護されています。

また、銀行口座のパスワードやクレジットカード番号は登録なしで一元管理できるので安心です。

マネーフォワードME公式サイト>安心のセキュリティ

スポンサーリンク

マネーフォワードMEでやるべき3つの設定

家計簿を自動作成するために目指す姿はこちらでした。

再掲:家計簿を自動作成するイメージ

これを実現するために、マネーフォワードMEで3つの設定をしましょう。

  • 銀行口座の登録
  • クレジットカードの登録
  • キャッシュレス決済の登録

それぞれみていきます。

銀行口座の登録

口座のダッシュボード画面の右上(+マーク)から新しい口座を追加登録することができます。

マネーフォワードMEを連携できるサービスはこちらをご参照ください。

対応金融関連サービス一覧

これで貯金残高(収入面)が見える化されます。

クレジットカードの登録

クレジットカードの登録も上記と同様。

これでクレジットカードでの支払い(支出面)が見える化されます。

キャッシュレス決済の登録

もし、支払いにキャッシュレス決済を使うことが多い人はこちらも登録しておきましょう。

こちらも登録方法は上記と同じです。

クレジットカードとあわせて、支払い(支出面)が見える化になります。

スポンサーリンク

【続かない人もこれならできる】家計簿を続けるコツ(と私の気づき)

自分自身もマネーフォワードMEで5年以上家計簿が継続できています。

継続するためのコツは結局のところ

マネーフォワードMEに連携した決済手段を使うこと=なるべく現金を使わないこと

これに尽きると思います。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

「なるべく現金を使わない」ことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。

私も最初はそうでした。

でも、ちょっと考えてみてください。。

たとえば、カードやキャッシュレス決済はポイントが貯まりますが、現金は何の見返りもありません。

マネーフォワードMEがあれば、カードやキャッシュレス決済の支払いは自動記録されます。

あれ?そう考えると、現金のメリットってあんまりないんじゃね?

そう悟りました(笑)

たこまんじゅう
たこまんじゅう

今まではなんとなく現金で払ってましたが、家計簿を意識するようになってカードやキャッシュレス決済の良さに気づくようになりました。

今ではすっかりキャッシュレス派です!

やむを得ず現金を使うときもありますが、家計簿への入力はその時だけなので、さほど面倒ではありません。

マネーフォワードMEを使い始めたことで、現金主義から脱却して新しい世界が見えた!という体験談でした。

スポンサーリンク

まとめ

マネーフォワードMEを使えば、家計簿が自動的にできあがる仕組みを作ることができます。

  • 銀行口座の登録
  • クレジットカードの登録
  • キャッシュレス決済の登録

最低限この3つの設定をしておけば、現金以外の収支が自動記録されるようになります。

再掲:家計簿を自動化するイメージ

家計簿を続けていくコツは、

マネーフォワードMEに連携した決済手段を使うこと=なるべく現金を使わないこと

です。

マネーフォワードMEを使い始めると、カードやキャッシュレス決済の良さに気づくことが多くなるでしょう。

これをキッカケに現金主義から脱却してみてもいいと思います!

これから家計簿を始めたい人も、かつて失敗して苦手意識がある人も、この方法は非常におすすめです。

生活費を見える化して、支出を最適化していきましょう!

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

さいごに:支出を最適化すれば生き方も変わる

自分にとって必要な生活費が把握できれば、生き方を見直すこともできます。

本ブログでは【FIRE】という自由に生きるための方法論について語っています。

支出を最適化した先にある、自分の生き方について考えている人はぜひこちらもご覧ください。

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
たこまんじゅう

More

セミリタイア(FIRE)を目指すサラリーマン。株式投資による配当金をメインに不労所得をコツコツ積み上げ中。お金が貯まるライフハックを試すのが大好き。趣味は旅行と食べ歩き。特技はデザイン書道。

たこまんじゅうをフォローする
クリックで応援よろしくお願いします!
ライフハック
たこまんじゅうをフォローする
たこブロ!投資×ライフハック=FIRE

コメント