【20~30代でFIRE】アーリーリタイアには何億もいらない

アーリーリタイア(早期退職)って憧れるな~

若いうちに会社を卒業して自由に生きてみたい!

けどそんなの宝くじでもあたらないと叶わない夢だよね・・・

たこまんじゅう
たこまんじゅう

実はアーリーリタイアには何億も必要ないんです。

お金をうまく運用すれば数千万円でも達成できますよ!

本記事でわかること
  • FIREという生き方
  • なぜ数千万円でアーリーリタイアできる?
  • アーリーリタイアするための資産運用
  • なるべく若いうちから始めよう!
スポンサーリンク

FIREという生き方

たこまんじゅう
たこまんじゅう

FIREという言葉を聞いたことありますか?

アーリーリタイアしたい人はぜひ知っておきましょう。

FIRE(ファイア:Financial Independence, Retire Early)”

経済的に自立する(F.I)ことで労働から早期リタイア(R.E)する生き方

生活費以上の不労所得を作ることができれば経済的自由(F.I)です。

そうなれば、働かなくても生きていけるのでアーリーリタイアできる(R.E)という寸法です。

FIREのイメージ

この考え方は欧米で一大ムーブメントを起こし、今では日本のニュースでも取り上げられるホットワードになりつつあります。

FIREを達成するためにやるべきことは、

  • 不労所得を増やす
  • 生活費を減らす

この2つのアクションです。

FIREするためのアクション

不労所得>生活費

になるまで続けることでFIREを目指します。

アーリーリタイアするために重要な考え方です。

スポンサーリンク

なぜ数千万円でアーリーリタイアできる?

数千万万円じゃそのうちなくなっちゃいますよね?

そんな少額でアーリーリタイアしたら積んじゃいますよ・・・

たこまんじゅう
たこまんじゅう

多くの人はきっとそう考えるでしょう。

確かに「数千万円を貯金して取り崩す」ならばそうなります。

でも貯金思考とは根本的に違うやり方をします。

わかりやすく説明しますね。

まず押さえておきたい大前提が、

お金は、「貯金して取り崩す」のではなく、「株式(資産)として運用」する

ということです。

たとえ数千万円あったとしても、それを「貯金して取り崩す」なら残高はいつか底をつくでしょう。

一方、「株式(資産)として運用」するとどうなるでしょうか。

手元にある数千万円を株式にしたとしましょう。

株式は保有している数量に応じて配当金を生み出します。

この配当金で生活費をまかなうのです。

資産に手をつけず保有し続ければ、この状態は半永久的に持続し、不労所得が定期的にもらえる状態を作ることができます。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

これが「資産運用」の考え方です。

数千万円でアーリーリタイアするためのシナリオなので、このイメージを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

アーリーリタイアするための資産運用:高配当株投資

アーリーリタイアするための具体的な資産運用術としては「高配当株投資」がおすすめです。

「高配当株投資」を簡単に説明すると、

  • 配当支給額が大きい株式を買い、
  • 保有することで、
  • 配当金をもらい続ける投資法

です。

今回は難しいことを省いて、2つの要点で説明していきます。

  • 貯金に近い感覚で投資可能
  • 3000万円あれば年間120万円(=月10万円)の配当金が作れる

それではみていきましょう。

貯金に近い感覚で投資可能

たこまんじゅう
たこまんじゅう

「株式投資」と聞くと、「売買によってリターンを生み出す」という難しそうなイメージがあると思いますが、高配当株投資は少し違います。

高配当株投資は基本的に買って保有するだけです。

なので、売りのことはひとまず考えなくてOKです。

資産を貯めていくだけ。

この感覚が「貯金」と似ているため、多くの人にとって抵抗感の少ない投資が可能です。

3000万円あれば年間120万円(=月10万円)の配当金が作れる

たこまんじゅう
たこまんじゅう

「貯金」と「株式」の違いについて見ていきましょう。

手に入る不労所得が大きく違うことが見て取れますよ。

貯金の場合

貯金によって得られる不労所得(利子)の利回り(年間のリターン)は0.001%程度と言われています。

3000万円貯金しても年間300円しかもらえないのは不労所得としては寂しすぎますね…。

株式の場合

株式によって得られる不労所得(配当金)の利回りは、高配当株で3%~5%程度が現実的です。

仮に利回り4%と想定すると、3000万円投資して年間120万円(=月10万円)の配当金が手に入ります。

あとは生活費を節約していけば、これだけでアーリーリタイアできる人もいるでしょう。

ちなみに生活費を節約するコツは「家計簿をつけること」です。

超簡単にできる方法をまとめたので、まずは自分の収支を知ることから始めましょう。

スポンサーリンク

なるべく若いうちから始めよう!

若手サラリーマン
若手サラリーマン

3000万円で年間120万円の不労所得か~

目安はわかったけど、まだペーペーの私には難しいよ。。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

そこで諦めたらアーリーリタイアは一生できません!

確かに若いうちはお金に余裕がないかもしれませんが、

今日この瞬間から意識して始めることが大切です!

一般的なサラリーマンが無理なく投資した場合、約13年で3000万円になる想定です。

新卒から頑張り始めれば30代で達成できます。

節約して、収入を上げることができれば、もっと早いペースで達成することも可能でしょう。

私が尊敬しているブロガーさんは、新卒から始めて30歳で実際にFIREしました。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

ここまでやれる人は並大抵ではありませんが、すばらしい成功事例のひとつです!

スポンサーリンク

まとめ

たこまんじゅう
たこまんじゅう

アーリーリタイアするためには何億も貯めないといけない・・・

なんてことはありません!

資産運用すれば数千万円の元手で達成可能です。

アーリーリタイアするためのキーワードはFIREです。

FIRE(ファイア:Financial Independence, Retire Early)”

経済的に自立する(F.I)ことで労働から早期リタイア(R.E)する生き方

そしてFIREするために必要なアクションは、

  • 不労所得を増やす
  • 生活費を減らす

この2つです。

再掲:FIREするためのアクション

少ない元手で効果的に不労所得を作るためには資産運用が大切です。

ただ貯金を取り崩すのではなく、資産運用することで定常的な不労所得を生み出すことができます。

あとは、

  • 日ごろから節約を意識すること
  • とにかく一歩踏み出してみること

この2つがアーリーリタイアを達成できるかどうかのカギです。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

今日が人生で一番若い日です。

アーリーリタイアしたいと思った瞬間から行動し始めて

よりアーリーに達成できるように邁進しましょう!

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント