【大分県の強み】今後の地方創生に期待する4つのカギ【新しい魅力】

たこまんじゅう
たこまんじゅう

大分県は今後大きく発展するチャンスをいくつも持っている可能性の宝庫です。

今回は大分県の地方創生のカギについてまとめます。

大分県の地方創生のカギ
  • 温泉をフル活用!ユニークな観光PR
  • 大分市を中心に改革!積極的な再開発
  • 大分空港から宇宙へ!アジア初の宇宙港
  • 空港と市内を海で繋ぐ!ホーバークラフト

温泉はもちろんですが、それだけではなく新しい魅力も生み出されようとしています!

スポンサーリンク

温泉をフル活用!ユニークな観光PR

大分県と聞いてまず思い浮かべるのはそう、「温泉」でしょう。

大分県の温泉推しは他県の追随を許しません。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

私も全国の温泉地を観光しましたが、温泉PRが最も突き抜けていたのは大分だと思います。

それが「大分県=温泉」のイメージを形成しています。

例えば、お風呂×シンクロナイズドスイミングを掛け合わせた「シンフロ」。

世界の果てまでイッテQとコラボして、全国区のゴールデンタイムでその名を知らしめました。

シンフロ動画はこちら

また、一大温泉地として有名な別府市が、遊園地×温泉で「湯〜園地」なるぶっ飛んだ企画を実施したことでも話題になりました。

2017年、2019年と期間限定で2回実施しており、コロナ禍が落ち着けば第3回目も期待できます。

開催資金を税金ではなくクラウドファンディングで募るところが偉いです。

また、賛同者には入場券を返礼するためWin-Winで非常にスマートですね。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

温泉を使ったユニークで画期的な企画を、スマートな政策で支援する。

温泉の観光事業で大分に右に出る県はありません。

「おんせん県」、頑張ってます!

スポンサーリンク

大分市を中心に改革!積極的な再開発

大分市の人口は2021年現在で約47万人。

九州では福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市に次ぐ第5位の都市である。

Wikipediaより引用

今や、いい感じに栄えた地方都市です。

ですが10年以上前まではそれほど栄えた印象はありませんでした。

これは大分市を中心とした積極的な再開発が功を奏したと考えられます。

  • 大分駅の大改修
  • コンパクトシティとして発展
  • さらなる進化を目指す取り組み

ここでは大分市の街づくりの取り組みを3つ紹介します。

大分駅の大改修

これが2010年ごろまでの大分駅の様子です。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

当時、私が大分の大学に入学したころの風景です。

この駅のしょぼさが残念だったものです・・・笑

そしてこちらが今の大分駅。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

何ということでしょう。

見違えるほど大きく、近代的に進化したではありませんか!

街を変えるならまずは駅から。

大分市のランドマークとして、生まれ変わった大分駅がその後の発展の追い風になったはずです。

コンパクトシティとして発展

その昔、大分駅を境界線として南北には大きな発展格差がありました。

これを改善したのが今の大分市です。

もともと栄えていた北エリアはそのまま強みを伸ばし、廃れていた南エリアは住みやすく整備することで居住地としての価値を上げました。

駅中心に上手に発展させたコンパクトシティの成功例です。

また、大分駅周辺の再開発エリア(末広町1丁目)には28階と18階建ての高層ビルが建築され、商業施設や分譲住宅が入居する予定になっています。(2026年度ごろ完成)

たこまんじゅう
たこまんじゅう

市内でも20階以上の建物は少ないので、これは大きな開発です!

さらなる進化を目指す取り組み

大分駅を改修し、駅周辺の発展にも成功しました。

今後も中心街の発展に向けて、攻めの政策が執られています。

  • 商店街の空き店舗減少
  • 中心街の人の往来増加
  • バスの利用者増加
  • 文化交流施設の年間利用者増加

こうした観点で中長期的な再開発に取り組む方針を示しています。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

中心街を盛り上げ、そこから県全体に好影響を波及させていく。

政策の実現に期待します。

スポンサーリンク

大分空港から宇宙へ!アジア初の宇宙港

大分県は今後、宇宙ビジネスの一大拠点になるかもしれません。

なんと米国の宇宙ビジネス企業と大分県が提携し、2022年に大分空港にて人工衛星を打ち上げるという計画が始動しています。

大分空港が選ばれた理由は3つ。

  • 空港が海に近くて広い滑走路がある
  • 宇宙ビジネスと親和性の高い産業基盤がある
  • 観光資源(温泉)がある

宇宙港が完成すれば、大分県はロケットや人工衛星の打ち上げで大きなPRの機会を得ます。

また、宇宙旅行が身近になる時代がくれば、大分県は温泉以外の強い観光ニーズと手に入れることでしょう。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

夢が広がります!!!

スポンサーリンク

空港と市内を海で繋ぐ!ホーバークラフト

2023年、ホーバークラフトによって大分空港と大分市内を海で行き来できるになります。

現在、大分空港から大分市内への移動は高速バスで約1時間かかりますが、ホーバーなら25分で到着できるとのこと。

宇宙港の開発に合わせて、「立地が不便」という大分空港の弱点の克服を目指します。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

宇宙港と非常にシナジーのある企画です。

ホーバーという乗り物も珍しくてキャッチー。

これだけでも観光効果が狙えそうです!

スポンサーリンク

まとめ:大分県は今後の成長に期待できる

  • 温泉を武器とした観光PR
  • 大分市を中心とした再開発の成功
  • 宇宙港を起点とした新たな観光ニーズの創出

大分県は成長の芽をいくつも持った可能性の土地です。

移住者を受け入れるための政策も積極的に行われています。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

私も東京を出て、大分市に移住します!

故郷に出戻りです(笑)

今は程良い地方都市ですが、これからどんな成長を遂げるか楽しみにしつつ過ごしてみようと思います。

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
たこまんじゅう

More

セミリタイア(FIRE)を目指すサラリーマン。株式投資による配当金をメインに不労所得をコツコツ積み上げ中。お金が貯まるライフハックを試すのが大好き。趣味は旅行と食べ歩き。特技はデザイン書道。

たこまんじゅうをフォローする
クリックで応援よろしくお願いします!
大分ライフ
たこまんじゅうをフォローする
たこブロ!投資×ライフハック=FIRE

コメント