【楽天経済圏】究極のお得生活基盤を作ろう!〜入門編〜誰でもすぐにできる楽天経済圏の重要機能を導入する手順

ごきげんよう。たこまんじゅう (@tako_waytofire) です。

お得に生きたいと願う人にとって、ひとつの最適解となりうる【楽天経済圏】についてお話します。

今回は入門編として楽天経済圏の肝となる重要な機能の導入ステップをまとめました。すぐに始められるのでぜひご参考にしてください。

スポンサーリンク

楽天経済圏とは

超カンタンに申し上げると、生活の中で利用する各種サービスを楽天サービスに寄せることを言います。楽天サービスはすべて「楽天スーパーポイント」という単一のポイント制度に結びついています。そのため、様々な楽天サービスを利用すればするほどシナジーが生まれ、効率的にポイントが貯まり、活用することができるという仕組みです。うまく活用することで年間数万~十数万円分のポイントを生み出すことができるためお得に生活したい人にとって最適解の一つとなりえます。

楽天の公式サイトからも経済圏についての説明がなされているのでご参考までに。(知識ゼロの人にとっては↑の説明のほうがわかりやすいと思いますw)

【公式】楽天経済圏について

楽天が提供している各種サービスとそれぞれの繋がりを図解してみました。

【図解】楽天経済圏

どのサービスを利用してもすべて楽天スーパーポイントへ還元されていき、貯まった楽天スーパーポイントが各種サービス利用に活用できるということが見て取れるかと思います。これぞまさにエコシステム!楽天が長きにわたって築き上げた幅広い事業が連携しあった素晴らしい仕組みだと思います。天才的ですね・・・・

今回は楽天経済圏で重要な基盤となる金融面の導入からまずはやりましょう!というお話です。

スポンサーリンク

ステップ0:楽天会員になる

何はともあれここから始まります。楽天各種サービスのログインもこの会員情報で共通化されていますので、サービスごとに新しい会員登録が必要なんてことにはなりません。

楽天会員登録ページへ

スポンサーリンク

ステップ1:楽天銀行の口座開設

楽天銀行は普段使いする銀行口座としても非常に使いやすいです!ネットバンクなので専用ATMはありませんが、全国のコンビニATMなどで引き落とし・入金等が可能です。

主な利点は以下の通りです。

  • ひと月1~7回*まで引き落とし手数料無料
  • ひと月1~3回*まで送金手数料無料
  • ATMに行かずとも専用アプリから口座情報・送金などが可能

*入金額やその他サービスとの連携による使い込みに応じてランクアップし、上限値が上がります。

これまで大手メガバンクを利用していましたが、ネットバンキングが使いづらいし、専用ATMでないと手数料が発生してしまうなど、いろいろと不便を感じていましたが楽天銀行にすればすべて解決です!会社の給与口座など口座登録しているものすべて楽天銀行に変更しちゃいましたw

楽天サービスを新規登録するときはお得なキャンペーンがあるかどうかチェックしてからにしましょう!かなり頻繁に何らかのキャンペーンを実施しているのでそのようなタイミングを狙ったほうがよりお得です!

以下は通常の口座開設ページをご案内しています。

楽天銀行の口座開設ページへ

スポンサーリンク

ステップ2:楽天証券の口座開設

楽天銀行の新規口座開設手続き中に選択肢として出てくるかもしれませんが、楽天証券も口座開設しておきましょう。株式投資や投資信託をやる予定がなくても作っておいて問題はありません。

ポイント還元率を上昇させる要素の中に「楽天証券で月1回500円以上のポイントによる投資(投資信託もOK)&楽天スーパーポイント設定をする」というミッションがあります。これを達成するとその月の楽天市場利用時ポイント還元率が1%アップします。

せっかく証券口座を開設するなら投資信託はやってみることをおすすめします。

年金2000万不足問題が取り沙汰されるご時世ですから老後の心配をされる方も多いかと思います。良質な投資信託を長期的に積み立てることは必ず資産形成に寄与しますよ!

「投資なんて怖い。。」と思われる方は、上記ミッションの月1回500円以上のポイントを投資信託へ回す定期設定だけでもやってみてください。リスクが少ないうえに永続的なポイント還元率アップ状態になるので損はないと思います。

投資を積極的にやってみたいと思われている方は「マネーブリッジ らくらく入金」の追加手続きをやりましょう。楽天銀行のお金を楽天証券の取引口座へ即時送金(手数料無料)できる仕組みです。株式投資(投資信託)を実際にやってみると、この機能の有能さがご理解いただけるかと思います・・!

口座開設の際は楽天銀行同様お得なキャンペーンがないかチェックしましょう!

以下は通常の口座開設ページをご案内しています。

楽天証券の口座開設ページへ

スポンサーリンク

ステップ3:楽天カードの申込み

楽天カードマンのCMで有名なクレジットカードです。このカードも普段使いで非常に優秀です!利用金額の1%がポイント還元されます。

また、楽天市場で楽天カード利用すると2%ポイントアップとなります。そして、カードを作成するときは引き落とし口座を必ず楽天銀行口座に設定してください。楽天口座紐付けの楽天カードにすることでさらに1%ポイントアップします!

楽天サービスの支払いは全てこのカードに集約しておきましょう。

初めて入会される方でしたらシンプルに通常の「楽天カード」で、カード会社は「VISA」を選択されることをおすすめします。年会費無料で使い続けられ、「VISA」は世界中のほとんどの場所で使えるので日本に限らず海外旅行するときにも安心です!(「JCB」は海外で使えないことが多く、泣かされた経験があります・・・w)

楽天カードのお申込みは以下をご利用ください↓

【ご参考】楽天ゴールドカード

楽天経済圏にどっぷり浸かる気がある方は「楽天ゴールドカード」のご利用も検討してみてください。年会費2000円(税別)が発生しますが、楽天市場でのポイントアップが楽天カードの2倍である4%アップになります!

つまり、楽天市場の利用が年間100000円(税別)を超せる方にとっては年会費2000円(税別)を取り返すことができるためお得になります。楽天ふるさと納税の利用もこの金額の内数になるので、納税可能額が100000円に近いor以上の方はそれだけで楽天ゴールドカードを持つメリットが出てきます!

楽天市場アプリのインストール

楽天市場はインターネットから利用できますが、アプリから利用すると0.5%ポイントアップします。

ここまでのステップを実施された方が楽天市場を利用した場合に得られるポイント還元率は、

楽天会員(1)+楽天カード(2)+カードの楽天銀行口座紐付け(1)+楽天証券で投資信託(1)+楽天市場アプリ利用(0.5)=常時5.5%アップとなります!

※楽天ゴールドカードであれば+2で7.5%アップです!

生活用品はなるべくここから注文することを心がけるとポイント高還元生活を享受することができますね!

まとめ

楽天経済圏の重要機能である金融面の導入ステップについてご紹介しました。

常時5.5%のポイント還元はまあまあ良いけど、大風呂敷を広げた割にはそうでもないのでは?と思う方もいるかもしれません。いえいえ、これはあくまで最低限の準備でしかありません。半身浴ぐらいです。

この先さらに楽天サービスを活用していくことによって飛躍的にお得さが増していくのです!

さあ、楽天経済圏に移住してお得生活を始めてみましょう!

というわけで次回、応用編にて更なる活用術をお伝えしたいと思います!

応用編はこちら↓

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント