【茨城県土浦市】つくば霞ケ浦りんりんロードでサイクリング!BEB5土浦に泊まる1泊2日の旅

※2021/01に行った旅行記を加筆修正したものです。

スポンサーリンク

都内から2時間以内で行けるサイクリングの聖地

ごきげんよう。たこまんじゅう (@tako_waytofire) です。

都内から電車で2時間以内にアクセスできる茨城県土浦市。

ここには初心者から上級者まで楽しめる「つくば霞ヶ浦りんりんロード」というサイクリングコースがあります。

今回は、1泊2日でサイクリングを気軽に楽しめる旅行についてご紹介します!

スポンサーリンク

つくば霞ヶ浦りんりんロードとは

つくば霞ヶ浦りんりんロードは、2019年に国が指定したナショナルサイクルルートです。

土浦市を起点として、

  • 筑波山ルート(西エリアの一本道ルート)
  • 霞ヶ浦ルート(東エリアの一周ルート)

の大きく2つのルートでできています。

出典:つくば霞ヶ浦りんりんロード公式サイトより

いずれのルートにも初心者・上級者向けのコースがあるので、詳細は以下の公式サイトをご覧ください。

コース紹介 │ つくば霞ヶ浦りんりんロード
つくば霞ヶ浦りんりんロードは、つくばりんりんロードと霞ヶ浦自転車道などを一体とした総延長約180kmのサイクリングコースです。全国でも屈指の安全で快適に走行できる環境が整備されています。
スポンサーリンク

星野リゾートBEB5土浦を拠点に快適サイクリング!

今回泊まるのは、土浦駅直結で改札の目の前にある「星野リゾートBEB5土浦」です。

オシャレで革新的なイメージのある星野リゾート系列ですが、こちらは1泊約5,000円から泊まれるとてもリーズナブルなホテルです!

自転車と一緒に泊まれることをコンセプトとしているので、サイクリングを楽しむ旅の拠点にはうってつけです。

内部取材してみた

まずはロビー。ガレージ風のモダンな雰囲気です。

自転車との親和性が強調されるオシャレなロビー

世界のボードゲームが色々置かれているので、ホテル内でも遊べます!

「ゴブレット・ゴブラーズ」めちゃくちゃ面白いです笑

宿泊階にもサイクリストが嬉しいこんな設備があります。

エレベーターを出てすぐ、メンテナンスキットと談話テーブル
部屋の前に自転車固定用のレール

今回選択したのはヤグラルームというルームタイプ。

ヤグラの1階が特大ソファ、2階がベッドスペースになっています。

天井を高くて広々とした空間!

どこをとっても星野リゾートらしいスタイリッシュなデザインのホテルでした!

スポンサーリンク

1日目〜筑波山ルートからの寄り道カフェ、焼肉で締め!〜

さて、土浦駅に着いたらまずは不要な荷物をBEB5土浦に預けて自転車を借りに行きます。

今回はりんりんスクエアという県営レンタサイクルを利用しました。

ラインナップと価格帯はご覧の通り。県営のため、民間系レンタサイクルよりかなり安価です。

クロスバイク1,500円/日
ミニベロ1,500円/日
キッズバイク500円/日
ロードバイク2,000円/日
Eバイク3,000円/日
タンデムバイク4,000円/日
2021年1月時点

土浦駅ビル内の「le.cyc」にて受付します。

自転車を借りたら早速りんりんロード(筑波山方面)に出発!

この看板が街中にあるので目印にして目指しましょう。

筑波山方面の入口はこんな感じ。サイクリングのために綺麗に整備されたコースになっています。

入口から約7km、恥ずかしながら夫婦ともども体力不足のためコース完走は厳しいと判断…笑(初心者コースで40kmあります)

コースを少し外れた寄り道にある古民家オシャレカフェ「蔵日和」に目的地を変更!

こちらは手作りパンの販売とランチをやっています。

オリジナリティのある人気パン

屋根裏感のある2階のランチ席。ゆっくり休憩して失った体力を回復させましょう。(体力なさすぎ…笑)

ランチメニューが到着!

販売しているパン(ハーフサイズ)から3種類選べます
メインディッシュはオシャレなワンプレート!
+300円でガッツリパフェが追加できます!

野菜を中心としたヘルシーなランチ、気になっていたパンも食べ比べできて大満足でした!

ゆったりカフェに興じているうちに夕方になってきました。

1月の土浦サイクリングは実はオフシーズンなのです。なぜなら、風が強くてめちゃくちゃ寒いから。。。

りんりんロードに合流して、日没までに帰路に着きます。(全然漕いでない気がする…?笑)

拠点のBEB5土浦に帰還したら、夕飯まで市街を散策します。

さて今夜私たちがいただくのは、、地元でも高評価の老舗焼肉屋さん「亀城苑」です。

昔ながらの味のある外観
味しかない・・!これは地元民御用達の風格!

亀城苑のウリはとにかく安くて量が多いこと!

ロース1人前で10枚以上は入ってます。900円でこんなにいただいていいの…!?

ロース焼(900円/1人前)

味ももちろん絶品。。柔らかくてとろける上質のお肉でした!

こうした隠れたローカルなお店を見つけるのも旅の醍醐味です。

スポンサーリンク

2日目〜霞ヶ浦ルートへ!かすみキッチンを目指す〜

2日目は東方面の霞ヶ浦ルートをサイクリングします。

霞ヶ浦は一周コース約125km、ショートコースなら約90kmという距離感です。(ちなみに霞ヶ浦を一周することを通称「カスイチ」といいます)

自分の体力の限界は前日に把握済なので、カスイチは到底ムリと即断。笑

そこでスタートから約20km地点にある「かすみキッチン」という休憩スポットを目的地とします。

さあ、りんりんロードの案内看板に沿って、霞ヶ浦方面に進んでいくとこんな景色が広がります!

サイクリングは一般的に20kmあたり90分というスピード感覚です。

体力のない私でもおおよそ同じペースで何とか目的地に到着。

1階がお土産と軽食、2階がかすみキッチンです。

開放的で綺麗な店内。疲れた身体が癒されます。。

地元の食材を使ったおすすめのメニューをいただきます。

釜揚げシラウオがホロホロほぐれて生姜でさっぱりとした味わいです。

釜揚げシラウオ丼(ランチセット1,170円/単品920円)

脂の乗った一枚豚肉!レモンジンジャーソースは甘味があって手が止まりません。

蓮根豚レモンジンジャー焼き(ランチセット1,530円/単品1,220円)

お腹も満たされ、自転車の返却時間(16時まで)が近づいているので、ここで折り返し。

青い空・青い湖が一望できる最高の見晴らしで一枚。

蔵出焼き芋かいつか、絶品のお土産!

最後におすすめのお土産を紹介します!

それがこの「蔵出焼き芋かいつか」の焼き芋です。

パカっと割ってみるとすぐにわかるこの蜜の感じ…

ぱさつきが一切なく、ネッチリ濃厚な甘味。。

これはもう私史上最高に美味しい焼き芋でした!!

500gで810円、冷蔵で約5日ほど保ちますので焦らず楽しめます。

ぜひ一度お試しあれ!

まとめ:相変わらずの食い道楽…穏やかな季節にリベンジしたい!

天気が非常に良くてサイクリング日和でした!

道が広くてまっすぐなのでサイクリング初心者の私でも、とても走りやすかったです。

ただし、1月のりんりんロードは冷たい風に体力が削られがちなので、気持ち多めの防寒着が必要です。オフシーズンも頷けます。。

己の体力のなさも相まってコース踏破には程遠い結果となり、結局食い道楽へ…笑

ご当地飯を食べるのも旅の楽しみなので、それはそれで良しです。

今度は穏やかな季節にもう一度訪れて、サイクリングのリベンジをしたいと思います!

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
たこまんじゅう

More

セミリタイア(FIRE)を目指すサラリーマン。株式投資による配当金をメインに不労所得をコツコツ積み上げ中。お金が貯まるライフハックを試すのが大好き。趣味は旅行と食べ歩き。特技はデザイン書道。

たこまんじゅうをフォローする
クリックで応援よろしくお願いします!
旅行
たこまんじゅうをフォローする
たこブロ!投資×ライフハック=FIRE

コメント