【投資信託】初心者にもおすすめのインデックスファンド3選!

ごきげんよう。たこまんじゅう (@tako_waytofire) です。

資産形成において、「株式投資」は有効な手段のひとつです。

初心者でもはじめやすい株式投資は「インデックスファンド」への投資です。

運用会社(投資のプロ)が適切に運用してくれるので、「良いファンド」さえ選べば、あとはマイペースで積み立て購入(投資)し続けるだけでいいからです。

インデックスファンドの仕組みやファンドの選び方については、以下の記事にて詳しく述べました。

さて今回は、

「良い商品って、ぶっちゃけどれなの??」

この疑問に対して、おすすめの銘柄3選を紹介します!

スポンサーリンク

米国株式を含む銘柄がおすすめ!

上記関連記事にて解説しておりますが、良いファンドの選び方は以下の通りです。

良い商品とは?
  • 米国株のインデックスに連動する(S&P500など)
  • 米国中心の全世界インデックスに連動する
  • 買い付け時の手数料無料(ノーロード)
  • 運用コストが年率0.1%前後もしくはそれ以下

これらを満たすインデックスファンドから、この3つをおすすめします。

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド(通称:楽天VTI)

これらは、インデックスファンドについて調べるとよく出てくる銘柄たちですが、それだけ信頼性が高いことを意味しています!

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

運用方針S&P500に連動
購入時手数料0円
運用コスト(年率)0.0968%
運用会社三菱UFJ国際投信株式会社
2020/6/30時点

楽天証券の買い付けランキングでも首位をキープしている王道の投資信託です!

引用元:Yahoo!ファイナンスより S&P500の10年間チャート

非常に堅実な右肩上がりで成長してきた実績を持ち、多くの株式投資家から厚い信頼のある「S&P500」に連動します。

eMAXIS Slimシリーズは他社の投資信託を凌駕する運用コストの安さが売りでもあり、名門の三菱UFJグループによる運用であることも安心感の材料のひとつになります。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

運用方針MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスに連動
購入時手数料0円
信託報酬(年率)0.1144%
運用会社三菱UFJ国際投信株式会社
2020/6/30時点

eMAXIS Slimシリーズでもう一本おすすめなのがこちら。

全世界の先進国・新興国から、以下の比率で運用されます。

引用元:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)目論見書より

最も成長性の高い米国株式を過半数含み、多くの国々への分散投資も利いているためリスクも抑えやすく、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」よりもディフェンシブな運用実績が期待できます

楽天・全米株式インデックス・ファンド(通称:楽天VTI)

運用方針VTI(米国ETF)に連動
購入時手数料0円
信託報酬(年率)0.1620%
運用会社楽天投信投資顧問
2020/6/30時点

【VTI】というETF(上場投資信託)を楽天の運用会社が買い付ける形で運用するスタイルの投資信託です。

【VTI】は米国株式市場で投資できる銘柄のほぼすべてを網羅するインデックス(CRSP USトータル・マーケット・インデックス)に連動しているETFです。

つまり、この投資信託を買うことはまさしく「米国全体に投資している」というイメージです!

S&P500は米国の特定500社からなるインデックスのため、これよりも幅広い分散投資ができるということになります。

また、本家【VTI】を買い付けるよりも資産形成が捗る可能性を持っているため、楽天VTIで積み立てていくことに意味があります。 

スポンサーリンク

まずは一つからでも良し!複数を組み合わせても良し!

良いファンド選びのポイントに基づいて、おすすめインデックスファンドをご紹介しました。

結論は実はありふれたものですが、奇をてらう必要はなく、堅実で信頼性が高いファンドを選べばOKだと思います。

我が家も夫婦にて上記3つの投資信託を分散して投資しております。

1本で十分に分散された投資になりますので、気に入った一つに全力投資してもいいですし、特色の異なる複数に投資していくのももちろんありです!(^^)

さて、準備は整いました。

米国株式×長期投資は過去の実績からも勝ちやすい傾向があるため、誰でも再現性の高い資産形成の手段になり得ます

右肩上がりの成長性に期待できる米国株式は「はじめどき」を考える必要がないと思います。いま、やりたいと思った瞬間が「はじめどき」なのです。

ただし、短期的に見れば上がるし下がるのが株式市場でもあります。

結局のところ「長期」で戦う覚悟をしなければ思うように資産は伸びていきませんので、その点だけはご承知おきください。

最後となりますが、「短期で高収入!」とか「ローリスク・ハイリターン!」とかいう投資商品は100%詐欺なので、気をつけましょう・・!

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント