【投資計画】2020年 年間投資スケジュール

スポンサーリンク

【5カ年計画】2020年~2024年の投資計画

5年間の投資計画

FIREへの第一歩」で示した私の投資目標を表にまとめました。

FIREへの第一歩

https://takomanjyu.com/category/waytofire

私のポートフォリオは税引後利回り4%を期待して構築していますので、

  • 目標①:投資資産300万を築き、12,0000円/年=1,0000円/月の配当金を得る
  • 目標②:投資資産1000万を築き、40,0000円/年≒3,0000円/月の配当金を得る

これを向こう5年以内に達成することを目指します。

まずは2020年の資産形成を達成するように取り組みます!

スポンサーリンク

2020年の投資スケジュール

さあ、FIREを目指す旅を始めましょう!

2020年の投資スケジュールを以下にまとめました。

2020年投資スケジュール

投資を志した最初の年です。ここで挫けるわけにはいきません!

継続という足を止めないためにまずは自分にとって無理のない計画を立ててやりきってみせましょう・・!!

というわけで非常に単純なスケジュールを組みました。毎月10万円を各銘柄の投資比率に分配して素直に資産を積み上げていき、12月末までには投資資産120万に到達する見込みです。

スポンサーリンク

使用する証券について

株式取引は銀行口座ではなく、証券会社が扱う証券口座を用いて取引を行います。

米国株・ADRについては「楽天証券」を利用しています。私自身が「楽天経済圏」の住人ですので、楽天証券を使うのが非常に都合がよいです。楽天銀行と楽天証券を連携するマネーブリッジを設定することで、2間のお金のやり取りが手数料無料になります。

ただし、楽天証券は海外株式の定期購入設定ができないので手動で購入していきます。「毎月〇日」みたいに、定期的に同じタイミングで購入するのが長期投資の定石と言われますが、やはり株価がちらつくためどうしても不定期な購入の仕方になります。結果的に年間の目標金額以上となればいいという気持ちで帳尻を合わせつつ購入していきます。

日本株については「SBIネオモバイル証券」を利用しています。日本株は通常100株からしか購入できませんが、この証券なら1株から購入することができます。1か月あたりの取引金額が50万以下なら220円/月で取引し放題というシステムで、少額取引しかしない人にとっては願ったり叶ったりの証券となります。また、定期購入設定が可能なので上記の投資比率をあらかじめセットしておけば、計画通りに勝手に積みあがります。

まとめますと、

米国株・ADRは手動購入日本株は自動購入で投資を進めてまいりたいと思います!

今回は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント