【アドセンス】インフィード広告の貼り方 – ワードプレス(cocoon)で設定

ごきげんよう。たこまんじゅう (@tako_waytofire) です。

Google AdSense(以降、アドセンス)の広告ユニットを使いこなせると、ブログの広告収入を効果的に伸ばすことができるかもしれません!

というわけで今回は、ブログに景観に馴染みやすいインフィード広告の設定方法について解説したいと思います。

※主にワードプレスでブログテーマ「cocoon」を使用している方に向けた解説をさせていただきます。

スポンサーリンク

インフィード広告とは

in-feedという意味からわかるように、フィード(記事一覧)の中にだけ設置できる広告です。

インフィード広告はネイティブ広告という分類に属します。

ネイティブ広告とは、記事と広告が違和感なく自然に溶け込む広告です。(上図でもわかる通り、パッと見で広告かどうかわかりにくいのが特徴)

一般的に使われやすいディスプレイ広告は「オレ、広告だぜ!ドン!」という感じで読者の注意を集めるのが特徴です。

対して、ネイティブ広告は記事に溶け込むのでブログの雰囲気を壊さず調和を保つことでき、記事内容をジャマしない見栄えになります。

存在感のありすぎる広告は読者が離れる原因にもなりますが、記事に馴染むネイティブ広告は違和感なく自然と興味を惹きやすいので、広告クリック率の向上に貢献してくれるかもしれません!

そんなネイティブ広告の一種、インフィード広告を貼り方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

アドセンスから広告ユニット設定

大前提として、アドセンスの審査に合格しなければ広告設置することはできません。まだの方は審査に受かるところから始めましょう。

合格済の方はこちらの手順にお進みください。

まずやることはアドセンスのマイページから広告ユニットを作ることです。

  1. サマリーを選択
  2. 広告ユニットを表示
  3. インフィード広告を選択
  1. ブログURL*を入力
  2. Desktop/モバイルを選択
  3. ページをスキャンをクリック

*ブログトップをカスタマイズされている方は、記事一覧(フィード)が表示されるURLを選択してください

読み込みに1分ほどかかります…

  1. 適当な記事欄を選択
  2. 広告イメージを確認
  3. 次へをクリック
  1. 広告ユニット名を入力
  2. 必要に応じて広告の見栄えを整える
  3. 保存してコードを取得をクリック
  1. コードをコピーをクリック
  2. 作業完了をクリック(終了)

これで広告ユニットができました!あとはコピーしたコードをブログの所定箇所に貼り付ければ広告が表示されます。

ちなみに、作った広告ユニットの設定を変えたい・コードをもう一度コピーしたい場合は、最初の工程(サマリー画面)に既存の広告ユニット一覧ができているのでそこから再呼び出し可能です。

スポンサーリンク

ワードプレス(cocoon)での設定方法

ワードプレス(cocoon)でインフィード広告を貼り付けるのは、「ウィジェット」メニューから実施します。

おおまかな手順はこの通り。

  1. 「広告」メニューを選択して、
  2. インデックスリストに入れ込む

「広告」メニューは広告・広告(PC用)・広告(モバイル用)の3種類がありますが、特にこだわりがなければ普通の「広告」を選択すればOKです。

ちなみに私はあえてナゾのこだわりでPC用・モバイル用を使用しています。(やる意味があるかどうかわかりませんがw)

上項の広告ユニット設定でDesktop・モバイルの広告ユニットを作り、PC用・モバイル用にそれぞれ設定すれば、媒体ごとに広告の見栄えが変えられます。(ここまでやるのは正直自己満の世界だと思いますw)

「インデックスリスト」メニューはトップ・ミドル・ボトムの3種類があり、こだわるべきはこちらだと思います。

説明書きにもある通り、どれを使うかによって広告が表示される位置が変わります。

ブログの見栄えに関わる大事なポイントなので、いじりながら自分の好きな位置取りを決めていきましょう。

ちなみに私はミドル・ボトムを使っています。

インデックスリストに入れ込んだ広告の設定方法がこちら。

  1. 上項でコピーしたコードを貼り付ける
  2. 広告コードをそのまま表示を選択
  3. 広告ラベルを表示するにチェック
  4. 完了をクリック

はい、お疲れさまでした!これでインフィード広告が設置できたはずです。

広告が表示されるには数分~数十分かかる場合もあるとのことなので、少し待ってこのような広告が表示されたら成功です!

さいごに注意点ですが、インフィード広告は記事一覧の中に設置するための広告です。

ワードプレスでは任意の場所に広告を設置することが可能ですが、記事一覧以外の場所にインフィード広告を設置しようとするとうまく表示されなかったり、Googleから指摘が入る恐れがあるのでご注意ください!(アドセンスの注意事項にも明記されています)

スポンサーリンク

まとめ

ネイティブ広告の一種、インフィード広告の設定方法を解説しました。

インフィード広告は記事一覧にしか設置できませんが、普通の広告よりも控えめかつ自然と興味を惹きやすい広告です。

つまり、ブログの景観を保ちつつ広告クリック率向上に貢献してくれる可能性があります。

それだけで十分にやる価値のある設定ですね。

基本的なディスプレイ広告しか設置していなかった方はぜひやってみてはいかがでしょうか。

ささやかな改善ですが、こういう積み重ねがブログ収入を大きくしていくことにつながっていくはずです。

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント