【投資は怖い?】日本人が投資しない理由を考察してみた

ごきげんよう。たこまんじゅう (@tako_waytofire) です。

投資という言葉を聞くと、大抵の日本人がこう返すでしょう。

投資?そんなの怖いから貯金が1番だよ!

日本は世界的にみても「投資をしない国」だと言われています。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

なぜ日本人は投資をしないのでしょうか?

本記事では、その理由について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

苦手?嫌い?投資しない人の割合がスゴすぎた・・・

日本人は投資に対してどんな意識を持っているでしょうか。

証券投資(株式・投資信託・債券)の必要性を尋ねたアンケート結果を調べてみました。(全国の20歳以上の男女7,000人)

出典:日本証券業協会 2018年調査結果よりグラフ作成
  • 投資は必要:25.1%
  • 投資は不要:74.6%

なんと日本人の4分の3が、

投資なんかしなくていい!!

と思っているようです。

さらに、「投資は不要」と回答した人にその理由を尋ねたところ、こんな意見が多く見られました。

「投資は不要」5つの理由
  1. 損するかもしれない
  2. 知識がない
  3. 値動きに神経を使いたくない
  4. 投資=ギャンブルと思っている
  5. 周りに仲間がいない
たこまんじゅう
たこまんじゅう

うーん。確かに、投資と聞いて思いつく反対意見がここに網羅されている感じがしますね。

スポンサーリンク

日本人が投資をしない理由を考察

4分の3の日本人が「投資は不要」と主張する理由がこうでした。

「投資は不要」5つの理由
  1. 損するかもしれない
  2. 知識がない
  3. 値動きに神経を使いたくない
  4. 投資=ギャンブルと思っている
  5. 周りに仲間がいない

なぜこのような理由が出てくるのでしょうか?

ここから日本人が投資をしない原因が大きく3つ見えてきます

それがこちら。

  • 投資を学ぶ機会がない
  • 面倒なことが嫌い
  • マイノリティが苦手

それぞれについて、以下に考察を述べていきます。

投資を学ぶ機会がない

「投資は不要」と主張する5つの理由から、基本的によくわからないから怖いという雰囲気が伝わってきます。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

5つの理由のうち1,2,4は特にそうですね。

人間だれしも知らないことは怖いと感じるものです。

それもそのはず、日本では投資を学ぶ機会がそもそもなさすぎるのです。

日経新聞によると、2022年度からは高校の家庭科に投資の授業が加わるそうです。

高校家庭科で「投資信託」 22年4月から授業
2022年度から始まる高校の新学習指導要領は、家計管理などを教える家庭科の授業で「資産形成」の視点に触れるよう規定した。家庭科の先生が裁縫や調理実習に加え、株式や債券、投資信託など基本的な金融商品の特徴を教えることになる。教育現場では戸惑いも広がるなか、金融庁は「出張授業」や教材づくり、先生を対象にした投資イベントなど...

ですが、これまではよっぽど自分から勉強したいと思わない限り、投資と触れる機会はありませんでした。

知りたいと思わなければ、知らずに一生を終えることもあるでしょう。

普通に働き続けていれば投資なんか知らなくても問題ない

そんな社会を築いてきたのがこれまでの日本だったわけです。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

それが少しずつ変わってきてるから、投資も必要になってくるよ!

っていう話もありますが、それは別の機会に。。

ともあれ、知る機会がないために【投資は得体の知れないもの】という認識が広がって、嫌ったり、遠ざけたりしている現状があると考えられます。

面倒なことが嫌い

5つの理由の中にある「値動きに神経を使いたくない」とは、つまり「面倒なことが嫌い」ということです。

まあ、面倒事が好きな人もあまりいないでしょうが、それにしても、投資と聞くと特に面倒そうだなぁと感じる人は一定数います。

そういう人はそもそも投資には向いてないかもしれませんね。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

向いてなければムリに頑張る必要はないんですが、

実は楽チンなやり方もあるんですよ!

日々の値動きは気にせず、ただ積み立てるだけでも成果が出やすいインデックスファンドという投資信託を知っていますか?

そこに、さらにつみたてNISAという制度を活用すれば、非課税で資産形成ができちゃいます!

学ぶ機会がないという話にもつながりますが、「投資は面倒!」という先入観に囚われすぎている人が多いのかもしれません。

でも実は、思っている以上に面倒じゃない投資のやり方もあるんです。

つみたてNISA×インデックスファンドは超楽チンなので、初心者にもホントにおすすめです!

マイノリティが苦手

日本人は右に倣えが大得意です。

誰かと一緒がいい、大勢と同じでありたい、和を乱したくない、そんな同調意識の強い国民性を持った国です。

投資とか怖いからできないや

貯金だけでいいよね

そういう意見が大多数なこの国では、投資というマイノリティな行動は、国民性も相まって余計に流行らないんだろうな〜という感じがします。

逆に言えば、投資教育が一般化し、メディア露出が増えれば、マジョリティをつかんで一気に投資人口が増加するのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ:投資に向いてない環境がそろってしまっている

日本人が投資をしない理由を調べてみました。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

結論としては、よくわからないから怖いと思ってる人が多すぎるからです。

日本の社会にはこんな流れが出来上がってしまっています。

  • 投資を学ぶ機会がなさすぎる
  • わからないから怖い
  • 怖いから遠ざける
  • そういう人が大多数となり、みんな同調

そして今のところは投資を知らなくても生きていくのに特段困ることはありません。

そうした社会構造や、右に倣えな国民性などが作用して、みんなで投資をしない方向に進んできたのが今の日本なのだろうと考察しました。

ですが、その一方で2022年からは投資の教育が高校の授業に取り入れられるようになります。

これが意味すること。それは、

日本
日本

これからは投資が必須ですよ。

自分のお金は自分で運用して生きていこうね〜!

という国からのメッセージに他なりません。

投資を知らなきゃ生きていけない!?

そんな時代が近い将来訪れるのかもしれません。。。

本ブログは初心者が投資を始めるきっかけについてたくさん執筆しているので、本ブログを活用して理解を深めていってもらえれば光栄の極みです。

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございます!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
たこまんじゅう

More

経済的自由になってアーリーリタイア(FIRE)したいサラリーマン。株式投資による配当金をメインに不労所得をコツコツ積み上げ中。お金が貯まるライフハックを試すのが大好き。趣味は旅行と食べ歩き。特技はデザイン書道。

たこまんじゅうをフォローする
クリックで応援よろしくお願いします!
投資初心者向け 株式投資
たこまんじゅうをフォローする
たこブロ!投資×ライフハック=FIRE

コメント