【配当金生活】セミリタイア(FIRE)目指すなら高配当株投資がおすすめ

仕事に縛られない人生に憧れてセミリタイア(FIRE)に興味を持ちました。

不労所得が必要って聞いたけど何から始めたらいいかわかりません…。

平凡な私にもできる方法はありますか?

たこまんじゅう
たこまんじゅう

初心者がセミリタイア(FIRE)を目指すなら高配当株投資がおすすめです。

セミリタイア(FIRE)には不労所得が必要です。

高配当株投資は、特別な才能がスキルがなくても不労所得を作ることができます。

初心者がセミリタイア(FIRE)を目指すなら、これよりも再現性の高いやり方はないでしょう。

本記事でわかること
  • セミリタイア(FIRE)目指すなら高配当株投資がおすすめ
  • なぜ高配当株投資がおすすめなのか?
  • 高配当株投資は初心者にもできる?

セミリタイア(FIRE)するための高配当株投資の魅力について、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

セミリタイア(FIRE)目指すなら高配当株投資がおすすめ

高配当株投資は、セミリタイア(FIRE)するための現実的な手段としておすすめです。

高配当株投資とは
  • 高配当株を買って、
  • 保有し続けることで、
  • 配当金をもらう投資方法

配当金は、株を保有し続けることでもらえる不労所得です。(支給タイミングは、半期ごとや四半期ごとなど、株式により異なります)

配当金は、株を買い増すことでもらえる金額を積み上げていくことができます。

安定した会社の株は配当金の支給も安定的です。

また、業績が好調であれば、もらえる配当金が上がる(増配)可能性もあります。

※逆に業績が悪いと配当金が下がる(減配)リスクもあるので見極めが大切

スポンサーリンク

なぜ高配当株投資がおすすめなのか?

セミリタイア(FIRE)の手段として高配当株投資がおすすめな理由は大きく2つ。

  1. だれでもできる不労所得
  2. 株式は成長性の高い資産

それぞれみていきましょう。

1.だれでもできる不労所得

不労所得を作る方法はいろいろとあります。

ですが、稼ごうとすると大きな初期投資やスキルが必要だったりとハードルが高いモノが多いのもまた事実…。

そんな中で、比較的少額でも始められるかつ経験がなくても何とかなるのが高配当株投資なのです。

2.株式は成長性が高い資産

投資することで不労所得を作れるのは何となくわかった。

でもなんで「株式」がいいんです?

たこまんじゅう
たこまんじゅう

いい質問ですね!

投資はリターンが見込める資産にするべきです。

結論、「株式」はリターンが非常に見込みやすい資産なんです。

以下のグラフを見てください。

出典:株式投資第4版(ジェレミー・シーゲル/日経BP出版)

こちらは、

5つの投資先にそれぞれ1ドルずつ投資して、200年後どれだけ成長したか

を示した米国の研究結果です。

株式は5つの投資資産の中でもダントツで、約60万倍にまで成長しました!

これだけ成長した理由は、

株式が「経済成長に連動する投資資産」であること

です。

人類はつねに繁栄を望み、経済を発展させ続けています。

短期的には暴落することがあっても、長期的に見れば必ず成長し続けてきました。

今後も人類のスタンスは変わらず、経済成長は続くでしょう。

これが株式に投資する理由。

長期的に考えるほど、株式は非常に効率的な投資先なのです。

スポンサーリンク

高配当株投資は初心者にもできる?

私自身、セミリタイア(FIRE)を目指すために高配当株投資を始めました。

それ以前は経験値ゼロの完全な初心者…(笑)

そんな私ですが、投資を始めて約1年半程度でこれぐらいの不労所得があります。

投資を始めてから約1年半の実績

年間で約27万円の配当金、月あたり約2万円の不労所得です。

  1. 年間配当金:120万円(月あたり10万円)
  2. 年間配当金:240万円(月あたり20万円)

個人的には、このような目標でセミリタイア(FIRE)を目指しています。

①のチェックポイントならあと数年、②はあと10年ぐらいで到達できそうなペースです。

完全な初心者から始めた平凡サラリーマンの私ですが、高配当株投資なら確実に不労所得を積み上げていけることがわかりますね。

スポンサーリンク

まとめ:高配当株投資でセミリタイア(FIRE)

初心者がセミリタイア(FIRE)を目指すならの高配当株投資がおすすめです。

高配当株投資のおすすめポイントは、

  1. だれでもできる不労所得
  2. 株式は成長性の高い資産

です。

高配当株投資のやり方についてはこちらの記事が参考になります。

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント