FIREへのポートフォリオ – 爆上げ相場になるも、淡々とした高配当株投資【2020年11月度】

ごきげんよう。たこまんじゅう (@tako_waytofire) です。

2020年11月度が締まりましたので、投資実績を振り返ります。

スポンサーリンク

11月度振り返り

FIREのポートフォリオの内訳

FIREのポートフォリオは投資総額が4,844,160円となりました。

前月度からの追加投資額は+374,037円です。

11月度を一言で表すなら「爆上げ」という言葉がふさわしいでしょう。

ダウ平均株価は史上初の30,000ドル台に到達する場面があり、日経平均株価はバブル後29年ぶりの最高値26,000円台を超えて27,000円も見えるかという状況です。

米国大統領選のバイデン氏当確報道新型コロナウィルスに対するワクチン開発の光明など、今後の経済回復への期待を感じるニュースが多かったひと月でした。

こうしたニュースと金融緩和による世界的な金余りが相まって、株式市場にたくさんのお金が流れたことで「爆上げ」という結果につながったのでしょう。

相場はどうあれ、市場に居座り続けることがFIREへの道です。

FIREを目指す高配当株投資家として、どう立ち回るかは以下記事の通り、いつも一貫しています。

さて今回からは、

  1. FIREのポートフォリオ
  2. キャピタルゲインのポートフォリオ

という形で、

目的の異なる2つのポートフォリオの投資状況をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

①投資状況(FIREのポートフォリオ)

米国株

銘柄保有株数年間配当予想平均取得単価配当利回り※投資額
SPYD242¥39,727$29.805.10%¥778,816
HDV46¥16,991$78.374.36%¥389,356
VYM12¥3,732$82.103.51%¥106,404
ARCC55¥9,504$14.5011.03%¥86,130
※配当利回りは平均取得単価より算出

11月上旬から割高な相場が続いているため、追加投資は基本的に保留状態です。

焦らずに、購入したい配当利回り水準が来るまでスローペースに行くつもりです。

ADR

銘柄保有株数年間配当予想平均取得単価配当利回り※投資額
ENB65¥17,269$30.268.13%¥212,396
UL2¥497$47.534.84%¥10,265
DEO1¥383$106.793.32%¥11,533
BTI58¥16,725$36.427.33%¥228,117
BP71¥9,662$22.885.51%¥175,461
RDSB70¥10,055$32.974.03%¥249,271
WBK30¥2,462$13.335.70%¥43,187
※配当利回りは平均取得単価より算出

こちらも目立って大きな買い増しは行っていません。

長い間停滞していた石油メジャー(BP/RDSB)が回復してきたのが嬉しい反面、もうちょっと買いたかったなぁという気持ちもあります笑

日本株

銘柄保有株数年間配当予想平均取得単価配当利回り※投資額
KDDI151¥18,120¥2,9644.05%¥447,564
沖縄セルラー電話14¥2,156¥3,9833.87%¥55,762
NTTドコモ55¥6,875¥2,9264.27%¥160,930
日本電信電話(NTT)100¥10,000¥2,3124.33%¥231,200
プロシップ11¥385¥1,0773.25%¥11,847
日本たばこ産業(JT)125¥19,250¥2,0087.67%¥251,000
九州電力3¥105¥7114.92%¥2,133
武田製薬1¥180¥3,0755.85%¥3,075
蔵王産業25¥1,125¥1,3953.23%¥34,875
三菱UFJFG77¥1,925¥4265.87%¥32,802
三井住友FG5¥950¥2,9576.43%¥14,785
三菱UFJリース190¥4,845¥4765.36%¥90,440
オリックス100¥7,600¥1,2456.10%¥124,500
第一生命HD5¥310¥1,2355.02%¥6,175
インテージHD15¥360¥7453.22%¥11,175
インターワークス178¥5,340¥3648.24%¥64,792
CDS29¥1,595¥1,1424.82%¥33,118
ユー・エス・エス3¥167¥1,4903.72%¥4,470
アサンテ96¥5,760¥1,4224.22%¥136,512
ディア・ライフ197¥3,940¥4344.61%¥85,498
センチュリー2133¥1,320¥1,1713.42%¥38,643
住友商事12¥840¥1,4144.95%¥16,968
三菱商事54¥7,236¥2,3375.73%¥126,198
キヤノン32¥2,560¥2,1533.72%¥68,896
アマダHD10¥300¥9333.22%¥9,330
旭化成11¥374¥6964.89%¥7,656
※配当利回りは平均取得単価より算出

三菱UFJリースが0.5円ながら増配を決定し、22年連続増配となりました!

コロナ禍でも増配できる高配当株は非常に魅力的ですし、まだ割安な水準であると判断して多めに買い増しました。

REIT系

銘柄保有株数年間配当予想平均取得単価配当利回り※投資額
NEXT FUNDS J-REIT30¥2,127¥1,7763.99%¥53,280
ダイワ東証REIT指数30¥2,145¥1,7044.20%¥51,120
ONE ETF 東証REIT30¥1,419¥1,6752.82%¥50,250
タカラレーベン・インフラ投資法人2¥13,996¥115,4156.06%¥230,830
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人1¥6,400¥97,3996.57%¥97,399
※配当利回りは平均取得単価より算出

タカラレーベン・インフラ投資法人を新たに買い始めました。

長期で安定した高配当を得られる期待値の高いインフラファンドです。

J-REITやインフラファンドを組み合わせることでより分散性の高いポートフォリオになります。

株式では配当金が入りづらい月をカバーできるのもメリットです!

スポンサーリンク

②投資状況(キャピタルゲインのポートフォリオ)

今月より、キャピタルゲイン投資の実績もまとめます。

※投資総額やFIRE達成状況は、FIREのポートフォリオだけで集計しています。

つみたてNISAでのインデックスファンド投資と、成長性を期待している個別株への投資がこちらに含まれます。

投資区分銘柄保有株数(口数)基準価格平均取得単価含み損益評価額
投資信託eMAXIS Slim 全世界(オールカントリー)150,989¥12,431¥22,294¥187,694
投資信託楽天VTI120,524¥13,892¥19,100¥167,432
米国株PLTR36$32.06(¥18,310)¥101,831

インデックスファンドは、以下記事でも紹介している2銘柄に投資しています。

つみたてNISA枠の自動積立購入なので完全放置運用ですが、徐々に含み益が増してきています。

向こう10年は現金化しないつもりなので、このままトータルリターンを伸ばしてくれることを願っています。

米国個別株では、ビッグデータ解析を生業とするパランティアという会社に可能性を感じたので、余力を少し割いて投資を始めました。

上場してまだ間もない銘柄ですが、すでにダブルバガーを達成しています!

今後さらに大きく成長することに期待して、取得単価が安い今のうちにバイアンドホールドしておきたいと考えています。

※手を出したタイミングが悪くて今は含み損ですが…

スポンサーリンク

FIRE達成状況

年間配当金(予想)は、256,711円になりました。

目標値となるFIRE達成までの進捗率は、10.70%です。

ようやく10%を超えました…!

コツコツ続ける以外に道がない世界なので、桁が増えるのを見るとカベを超えたような達成感があります。

目下は50%の「サイドFIRE」を目指します。

これが達成できれば、年間120万円=月10万円の不労所得が得られるようになり、生活がずっと楽になるでしょう!(税金を考慮しないざっくり試算)

スポンサーリンク

株式市場がどう転んでも、一貫した姿勢で投資を継続する

11月度は爆上げのひと月でしたが、手放しでは喜べない雰囲気を感じています。

今がもし、金余りに起因する実のないバブル相場だとしたら、破裂寸前の風船のような状態かもしれません。

急速に上がっても、何らかのきっかけで一気に落ちる、そんなチキンレース感がチラついてしまいます。

ですが冒頭述べた通り、相場がどうあれFIREのためにやることは変わらないので、大なり小なりで投資を継続するだけです。

一寸先が見えない未来だからこそ、柔軟な姿勢で対応していきたいと思います。

皆様にとっても、12月度が実りあるひと月となりますように。

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント