【初心者向け】NISAとは?3分でわかる株式投資のお話

ごきげんよう。たこまんじゅう (@tako_waytofire) です。

銀行やニュースなどで耳にする機会のある【NISA】という言葉。

資産形成に興味がある人
資産形成に興味がある人

聞いたことあるけど、よくわからないから気にしなくていいか~。

たこまんじゅう
たこまんじゅう

ちょっと待った!

【NISA】は資産を増やしたい方が絶対に活用すべき制度なんですよ!

諦める前に私の話を聞いてみてください!

ということで、今回は【NISA】の要点をわかりやすく解説をします!

スポンサーリンク

NISAは税金がかからない証券口座

NISAは「少額投資非課税制度」とも呼ばれている制度です。

要は、税金がかからない証券口座と思っておけばOKです。

イメージで簡単に解説します。

まず知っておきたいのは、株式取引における「利益」や「配当金」は課税対象であるということです。

以下は通常の証券口座NISA適用の証券口座での資産運用を示した図です。

NISAのイメージ

例えば、ある投資信託に100,000円投資して、50,000円の利益が出たとします。

これを売却して現金に替えようとしたときの比較が図の右側です。

通常の証券口座の場合、利益に対して約20%(正確には20.315%)課税されます。よって実際に手にする現金は約140,000円になります。

一方、NISA適用の証券口座の場合、利益に対する課税がありませんので、利益を全額手にすることができます。

約20%の節税効果がある!というのは非常にインパクトの大きいメリットだと思います。

スポンサーリンク

一般NISAとつみたてNISA

NISAの口座タイプには、大きく【一般NISA】【つみたてNISA】の2つがあります。

以下の表をご覧ください。

一般NISAつみたてNISA
非課税期間最長5年間最長20年間
非課税になる年間上限額120万円/年40万円/年
投資対象投資信託・上場株式・ETFなど特定の投資信託
制度の制約つみたてNISAとの併用不可一般NISAとの併用不可
対象年齢20歳~20歳~

初めてご覧になる方には情報が多く感じるかもしれませんが、

自身の投資スタイルに合う枠を選ぶものだとお考えください。

2つの併用はできませんが、切り替えは年に一度可能です。

また、ジュニアNISAという成人未満の方向けのNISA枠もありますが、今回は割愛し、主要なこの2つについて述べていきます。

一般NISAとは

非課税期間は最長5年間で、年間120万円の投資が非課税対象となります。

また、個人投資家が取り扱うたいていの株式やETFを非課税対象にできるので、普段使いの証券口座に適用しやすいです。

非課税期間がつみたてNISAよりも短いので、比較的短期間で投資に回せる資金を確保できている方に向いています。

つみたてNISAとは

非課税期間は最長20年間で、年間40万円の投資が非課税対象となります。

また、つみたてNISAで積み立てられる投資商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たす投資信託のみとなります。

一般NISAよりも自由度は下がりますが、罠銘柄が除かれた上質な投資信託の中から選択することができるので、安心感があります

少しずつコツコツと積み立てて資産形成したい方に向いています。

スポンサーリンク

初心者は「つみたてNISAでインデックスファンド投資」がおすすめ

資産形成に興味がある人
資産形成に興味がある人

NISAの概要はわかりました。

これから小額ではじめてみたい場合はなにをどうすればいいですか?

たこまんじゅう
たこまんじゅう

はじめての方には、つみたてNISAでインデックスファンドに投資するのをおすすめします!

いきなり結論から述べてしまいましたが、

ファンドという言葉に耳なじみがない方は、まずはこちらの記事でサクッとご理解いただけるかと思います。

インデックスファンドについて詳しく知りたい方はこちらも併せてご覧ください。

インデックスファンドは、インデックス(指数)に連動した値動きをする投資信託です。

優秀なインデックスに連動する銘柄に長期投資することで、資産を大きくできる可能性が高まります。

つみたてNISAは20年間の運用益を非課税にできるため、長期的な投資で効果を発揮するインデックスファンドと相性最高なのです。

つみたてNISAで取扱可能なおすすめインデックスファンドは、以下の記事にて紹介しております。

おすすめするインデックスファンドは、いずれも米国株式の影響を受ける銘柄です。

これは世界一の経済大国である米国の成長が今後も期待できるからです。

裏付けとして、過去200年間における米国の株式がいかに成長したかについて以下の記事で解説しています。

以上より、再び結論を述べますが、つみたてNISAでインデックスファンド(米国株式中心)に投資するのが、効率のよい資産形成に寄与すると考えます。

スポンサーリンク

NISAを活用して株式投資をはじめよう!

NISAの魅力について、要点を絞ってカンタンに解説しました。

大きな節税効果を得られるNISAは、資産形成の強い味方になります!

「一般NISA」と「つみたてNISA」は、どちらか一つしか選択できませんが、ご自身の投資目的に合う方を活用してみてください。

小額から積み立てをしてみたい方には、つみたてNISAでインデックスファンドに投資するのがおすすめです。

この手法なら株式投資が未経験でも、比較的安心してはじめられると思います。

米国株式に連動するインデックスファンドであれば、長期的に見て右肩上がりの成長を期待できるため、基本的にいつからはじめても問題ありません。

行動したいと思った瞬間が、常にはじめどきです!

つみたてNISAを実際にやってみたい!という方には、「楽天証券」で開設するのがおすすめです。

これの詳細は下記にて述べておりますので、興味のある方はご一読いただければ思います。

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
たこまんじゅう

More

セミリタイア(FIRE)を目指すサラリーマン。株式投資による配当金をメインに不労所得をコツコツ積み上げ中。お金が貯まるライフハックを試すのが大好き。趣味は旅行と食べ歩き。特技はデザイン書道。

たこまんじゅうをフォローする
クリックで応援よろしくお願いします!
投資初心者向け 株式投資
たこまんじゅうをフォローする
たこブロ!投資×ライフハック=FIRE

コメント