FIREへのポートフォリオ – 上昇相場にはコツコツと無理のない投資を続ける【2020年12月度】

ごきげんよう。たこまんじゅう (@tako_waytofire) です。

あけましておめでとうございます!

2020年12月度が締まりましたので、今年も投資実績を振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

12月度の投資実績

FIREを目指す高配当株ポートフォリオへの投資総額は4,918,113円になりました。

今月度の追加投資は148,075円でした。

スポンサーリンク

2020年の株式市場の動向

2020年の株式市場の動向を主要インデックスの値動きとともにカンタンに振り返ってみます。

以下のグラフは日経平均とダウ平均の1年間の値動きです。(2020/1/1を基準として何%増減したかを示しています)

過去1年間の日経平均(赤)ダウ平均(青)(出典:Yahoo!ファイナンス)

3月のコロナショックで年初から40%近く下落したにもかかわらず、年末には年初以上に持ち直してしまうという形へ。

日経平均はバブル後最高値と言われ、ダウ平均は大台30,000ドルを超えるジャブジャブ具合です。

実体経済は依然として大打撃を受けている中で、株式市場が高騰した主な理由は「世界的な金融緩和」です。

コロナショック時に刷りまくったお金が、使われるあてがなくて株式市場に流れ込んだという目まぐるしい一年でした。

スポンサーリンク

今月のトピックス

インデックスは右肩上がりですが、個別株の中にはまだ買い増し時と判断できるものもあり、それらを買い漁ったひと月でした。

大きな買い増しをしたのは、アサンテ(6073)ディア・ライフ(3245)です。

これらは本来のポテンシャルに対してまだまだ割安な銘柄だと思っています。

一方で、アマダHD(6113)インターワークス(6032)に関しては手離す判断を下しました。

特にインターワークスは配当利回りが高くて100株以上保有していた銘柄でしたが、業績/財務状況・減配/無配リスクなどを鑑みた結果、持ち続けるのが怖くなりました。。

FIREを目指す高配当株投資は長期保有できる銘柄に投資をしていくのが基本になりますから、持つことに不安を感じる銘柄は精神衛生上よくありません。。

手にした株は配当金を生み出す原料ですから、なるべくホールドし続けたいのですが、状況によっては手放すのも必要な判断だと考えています。。

そんなこんなで銘柄を整理しながら投資を進めた12月の投資状況をまとめます。

スポンサーリンク

投資状況(FIREを目指す高配当株ポートフォリオ)

米国株

銘柄保有株数年間配当予想平均取得単価配当利回り※投資額
SPYD248¥40,712$29.865.09%¥799,885
HDV46¥16,991$78.374.36%¥389,356
VYM12¥3,732$82.103.51%¥106,404
ARCC55¥9,504$14.5011.03%¥86,130
※配当利回りは平均取得単価より算出

上昇相場が続く割高状態のため、追加投資は基本的に保留状態です。

とはいえ経済成長率の高い米国株は「買わないことによる機会損失」も考慮すべきで、一定額は投資するように心がけたいと思っています。

ADR

銘柄保有株数年間配当予想平均取得単価配当利回り※投資額
ENB65¥17,269$30.268.13%¥212,396
UL2¥497$47.534.84%¥10,265
DEO1¥383$106.793.32%¥11,533
BTI58¥16,725$36.427.33%¥228,117
BP74¥10,070$22.825.52%¥182,382
RDSB70¥10,055$32.974.03%¥249,271
WBK30¥2,462$13.335.70%¥43,187
※配当利回りは平均取得単価より算出

こちらも目立って大きな買い増しはありません。

米国株ほどのポジションは割かないにしても、配当利回りの高い銘柄には徐々に買い増しをかけていきたい考えです。

日本株

銘柄保有株数年間配当予想平均取得単価配当利回り※投資額
KDDI151¥18,120¥2,9644.05%¥447,564
沖縄セルラー電話14¥2,156¥3,9833.87%¥55,762
NTTドコモ55¥6,875¥2,9264.27%¥160,930
日本電信電話(NTT)100¥10,000¥2,3124.33%¥231,200
プロシップ11¥385¥1,0773.25%¥11,847
日本たばこ産業(JT)126¥19,404¥2,0087.67%¥253,008
九州電力3¥105¥7114.92%¥2,133
武田製薬1¥180¥3,0755.85%¥3,075
蔵王産業25¥1,125¥1,3953.23%¥34,875
三菱UFJFG77¥1,925¥4265.87%¥32,802
三井住友FG5¥950¥2,9576.43%¥14,785
三菱UFJリース199¥5,075¥4765.36%¥94,724
オリックス100¥7,600¥1,2456.10%¥124,500
第一生命HD5¥310¥1,2355.02%¥6,175
インテージHD15¥360¥7453.22%¥11,175
CDS29¥1,595¥1,1424.82%¥33,118
ユー・エス・エス3¥167¥1,4903.72%¥4,470
アサンテ146¥8,760¥1,3944.30%¥203,524
ディア・ライフ304¥6,080¥4284.67%¥130,112
センチュリー2135¥1,400¥1,1663.43%¥40,810
住友商事12¥840¥1,4144.95%¥16,968
三菱商事54¥7,236¥2,3375.73%¥126,198
キヤノン32¥2,560¥2,1533.72%¥68,896
旭化成11¥374¥6964.89%¥7,656
※配当利回りは平均取得単価より算出

上項のトピックスに述べた通り、アサンテとディア・ライフは大きく買い増しました。

アサンテは優待条件を満たす100株を超えたので、今後株主優待がもらえるようになります。(ギフトカード2,000円分)

ディア・ライフは長期保有できる高配当株と判断しており、割安相場が続いたので日々買い増しをかける形で投資を進めました。

REIT・インフラファンド

銘柄保有株数年間配当予想平均取得単価配当利回り※投資額
NEXT FUNDS J-REIT30¥2,127¥1,7764.12%¥53,280
ダイワ東証REIT指数30¥2,145¥1,7044.20%¥51,120
ONE ETF 東証REIT30¥1,419¥1,6753.55%¥50,250
タカラレーベン・インフラ投資法人2¥13,996¥115,4156.06%¥230,830
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人1¥6,400¥97,3996.57%¥97,399
※配当利回りは平均取得単価より算出

REIT・インフラファンド市場も上昇相場になっており、欲しい水準にならなかったので追加投資なしです。

スポンサーリンク

番外編:投資状況(キャピタルゲイン用ポートフォリオ)

つみたてNISAでのインデックスファンド投資と、キャピタルゲイン狙いの個別株への投資状況です。

投資区分銘柄保有株数(口数)基準価格平均取得単価含み損益評価額
投資信託eMAXIS Slim 全世界(オールカントリー)162,955¥12,788+¥27,987¥208,387
投資信託楽天VTI133,600¥14,261+¥23,862¥190,527
米国株PLTR76$28.00-¥31,438¥101,831

インデックスファンドはいずれも含み益ですが、パランティア(PLTR)は負けています。。

パランティアは上場して間もない情報・テクノロジー系銘柄です。

米国省庁を顧客に相手取れる技術力を有しており、日本国内でも同社の技術を活用するシーンが増えてきているため、長期的には右肩上がりになると予想しています。

短期的な売りは視野に入れず、そのうち価値が上がるだろうと気長に構えて時々買い増ししていきたいと考えています。

FIRE達成状況

※FIREを目指す高配当株ポートフォリオで集計

年間配当金(予想)は、258,068円になりました。

FIRE達成までの進捗率は、10.75%です。

まずは50%地点の「サイドFIRE」の達成を目指します。

サイドFIREに達すれば、年間120万円=月10万円の不労所得が得られるようになるので生活がとても楽になるはずです。

2021年はどんな年になるか・・・

株式市場の上昇相場は勢いを維持したまま2020年の取引を終えました。

この勢いは2021年になっても当面は続くかもしれません。

FIREに至るための手段として高配当株投資を進めておりますが、上昇相場で割高銘柄が増えると思うように投資が進まなくなります。

そんな局面で、FIREに向けたメンタル面を維持するための思いを以下記事にて執筆してみました。

高配当株投資家としては投資しにくい状況が続きますが、FIREに向けてやれることは投資だけではありません。

なるべく広い視野を持つように心がけて、今やれること一つ一つに力を注いでいきたいと思います。

そうやって日々を過ごしているうちに相場動向は変わっているかもしれませんからね!

2021年は一体どんな一年になるんでしょうか。

このまま波に乗って上昇相場が続くか、実体経済との乖離のツケが回ってまた大暴落するのか。。

どんな未来が待っているとしても、FIREを目指す気持ちは不変のままで、都度やれることを模索しながら進んでいきたいと思います。

皆様にとっても、2021年が素晴らしい1年となりますように祈念いたします。

今年もぜひ、よろしくお願いいたします。

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント